塗膜を張らない浸透性・ウレタン塗料との違い

      2015/11/02

 - OSMO COLOR

img003

木は私たちの肌のような構造を持ち、湿気の吸放出を繰り返す呼吸する自然素材です。梅雨時期などの湿気の多いときは湿気を吸い、冬の湿気が少ない時期は湿気を吐き出し部屋の湿度を調整する機能を持っているので年中快適な空間を提供してくれます。浸透性塗料のオスモカラーは、塗膜を張らないので木の呼吸を妨げません。ウレタンは表面にプラスチックの膜をつくるので、木の呼吸を妨げ、触ると冷たく感じます。またオスモカラーは浸透性であっても撥水性に優れ、水やコーヒーなどをこぼしてもシミになりません。

関連記事

osmoベランダ
オスモカラーでウッドバルコニーの塗り替え 自然由来の素材でお子様が使っても安全です

夏休みに“オスモカラー”でバルコニーの塗り替えされたお客様より 写真と感想をいた …

img004
高品質の植物油のみを使用

オスモ独自のテクノロジーで精製した高品質の植物油のみを使用 オスモ社は国際環境マ …

img006
優れた経済性、豊富な種類と用途

少量で広い面積が塗装できる。 オスモカラーは他の塗料に比べ主剤を多く含んでいます …

アイキャッチ(壁)★
オスモカラー屋内用 ~家具・建具・壁・天井などの木部に~

家具・建具・壁・天井などの「木部」に塗る”オスモカラー” …

IMG_3242
プロの職人さんも驚く仕上がりの良さ ”オスモコテバケ”

先日、現場の職人さんからこんな問い合わせがありました。 「オスモカラーを木部に塗 …