三つの“ツヤ”について

      2015/11/02

 - BenjaminMoore-ベンジャミンムーア大阪

ツヤ

ベンジャミンムーアペイント には3種類の艶(ツヤ)があります。

3つのツヤの種類と、その特性の違いについてご紹介します。

上の写真の左から”マット” ”エッグシェル” ”セミグロス”の順番で壁のツヤを変えてあります。色は同じですがツヤによって色の見え方が変わってくるのもポイントです

 


 

まず基本的に部分として、ツヤ消しを「0」 ↔ ツヤありを「10」とすると

Benjamin Moore の三つのツヤ
“matte”

“eggshell”

“semi-gloss”  

は、それぞれ下の図程程度です。

つやメモリ★

たまごのツヤ★

実際に、たまごに塗ってみました。

写真右のsemi-glossは、光をしっかり反射するので、照明の数がわかるくらいです。

写真中央eggshellも、照明がぼんやり映って見えますが、落ち着いたツヤ感です。

写真左のmatteは、ツヤ消しなので、照明の光もほとんど映り込んでいません。

 

 


 

《三種類のツヤ》

MATTE / マット / つや消し

光による反射を究極に抑えた上品で落ち着いた質感で和室などの落ち着いた雰囲気や、間接照明の壁にもおススメです。

matte 写真缶の色:紫色)

 

EGGSHELL /  エッグシェル /  2~3分つや

卵の殻くらいのツヤ。品のある落ち着いたツヤ感が人気です。繰り返しの水拭きにも強いので綺麗にお手入れできます。

eggshell 写真(缶の色:青色)

 

SEMI-GROSS /  セミグロス  /  5~6分つや

光沢強めの5~6分つや。汚れがつきにくく中性洗剤でお手入れ可能。キッチン周り等いつも清潔に保っていたい場所や、光沢を利用したアクセント壁にも最適です。

semi-gloss 写真(缶の色:緑色)

 


 Benjamin Moore のペイントは、約3,600色の色と、この3種類のツヤの組合せを自由にお選びいただけます。(一部、ツヤがお選びいただけない色・商品があります)

 Auraの缶の色は3色。缶の色の違いは“つや”の違いです。中身のペイントの色とは関係ありません。

商品ご購入の画面に表示されている写真は、matteの紫色の缶の写真ですが、お選びいただくツヤによって、お届けする缶の色は上記写真の通り異なります。あらかじめご了承ください。

 

 

関連記事

s-KEPT
進化形タイル調塗装「スーパーKEPT(ケプト)」発売のご案内

剥落リスクゼロの進化形タイル調塗装「KEPT」(登録商標)を2016年5月に発売 …

shitaji2
大事な下地処理 / サンドペーパー等

下地の処理について 下地?といわれても何の事?とお思いになる方も少なくはないと思 …

faux finish
こんな仕上げも出来ます!~フォーフィニッシュ前編~

Benjamin Moore は、フラット(平滑)に塗るだけではなく、様々な風合 …

no image
よくある質問 Q&A

いつも”ペイントナビ”のご利用ありがとうございます。 ペイントナビでは購入頂いた …

リヨン
LYON メタリック調内装専用塗料”リヨン”

水性塗料で刷毛・ローラーで施工して金属のような風合いが再現できる商品「フッコー」 …