オスモカラー屋外木部用 外壁・ウッドデッキ

屋外の木部に塗るのに最適なOSMOカラーをご紹介します。

例えばウッドデッキや、お庭の木製柵など、屋外の木製品を塗りたいけれど

どの塗料をえらべば良いか迷った方は読んでください。

 

屋外の木部を塗るのに最適なオスモカラー

外部3写真

まず最初に、どんな仕上げにしたいかを

「透明」「半透明着色」「塗りつぶし」の三つから選んでください。


【1】透明仕上げ

 木の素材そのものの色・木目を生かす、無色透明のクリア仕上げです。

 

◆屋外木部の透明仕上げ

屋外木部を透明に仕上げるなら

“外装用クリアープラス”を2回塗りしてください。

 

《外装用クリアープラス》2回塗り

クリアー仕上げでありながら、屋外木部の灰色化を防ぎます。

外装用クリアプラス小

 “外装用クリアープラス” のご購入はこちら

★サイズ違いは購入画面下「関連商品」から(0.75L・2.5L・10L・25L缶)


【2】半透明カラー(半透明着色)仕上げ

素材の木目を生かしつつ、お好みのカラーに着色する仕上げです。

 

◆屋外木部の半透明カラー仕上げ

屋外木部を半透明カラー仕上げにしたいときは

“ウッドステインプロテクター”を2回塗りしてください。

 

《ウッドステインプロテクター》2回塗り

木に深く浸透し、優れた耐候性を発揮。高い撥水性、耐紫外線性能も備えています。

防カビ、防腐性能があります。

自然な木調色から、人気のロイヤルブルーやノルディックレッドなど多彩な全18色。

ウッドステインプロテクター

 “ウッドステインプロテクター” のご購入はこちら

★購入画面で全18色からお選びいただけます。

★サイズ違いは購入画面下「関連商品」から(0.75L・3L・10L缶)

 

 【3】塗りつぶし仕上げ

  木目が見えないくらい、しっかり着色する仕上げです。

 

◆屋外木部の塗りつぶし仕上げ

  屋外木部を塗りつぶし仕上げにするには

 “カントリーカラー”を2回塗りします。

 

《カントリーカラー》2回塗り

  内外装兼用で、厳しい気象条件でも優れた耐候性が実証されています。

  特に紫外線に強いのが特長。

  色は、全15色と、屋外専用の「鳥居色」全2色から選べます。

  塗りかえ時はサンディングする必要がなく、そのまま1回上塗りするだけです。

カントリーカラー

 “カントリーカラー” のご購入はこちら

★購入画面で色は全15色から、お選びいただけます。

★サイズ違いは購入画面下「関連商品」から(0.75L・2.5L缶)

 

 “カントリーカラー「鳥居色」” のご購入はこちら

★購入画面で全2色からお選びいただけます。サイズは2.5Lのみです。

 

※防虫、防腐、防カビ処理が必要な場合は、下塗りに

オスモカラー“WRウォーターレペント”をご使用ください。(外装のみ)

timg03

 “WRウォーターレペント”(下塗り剤) のご購入はこちら

★サイズ違いは購入画面下「関連商品」から(0.75L・2.5L・10L・25L缶)

関連記事

赤色
Red & Orange  色から選ぶベンジャミンムーアのインテリアスタイル

  右壁 2008-10 “Ravishing Red”   2087 …

img006
優れた経済性、豊富な種類と用途

少量で広い面積が塗装できる。 オスモカラーは他の塗料に比べ主剤を多く含んでいます …

no image
ペイント・ペンキについての質問

Q.残ったペンキは、また使えますか? A. 商品によって違いはありますが、保存し …

IMG_2947
″テクスチャーサンド″ ケイ砂がブレンドされたペンキで素敵なウォールペイント

ベンジャミンムーア大阪ブランドショップ、昨年3月に塗ったままの店舗奥のイエローの …

tiletoilet
磁器タイル貼りのトイレをどうやってペイントでリノベーションするか?

建材物として良く使われている磁器タイル 台所、トイレ、家の中の色んな所に使われて …