ベンジャミンムーア大阪

      2019/11/14

 - BenjaminMoore-ベンジャミンムーア大阪

imgres

インテリアペイントのBenjamin Moore は全て、お客様が選ばれた“色”と“ツヤ”を注文を受けてから、一つ一つお作りしています。

このように色を作ることを「調色」と呼んでいます。

Benjamin Moore Osaka Brand Shop の店舗の真ん中にあるこの二つの機械を使って、調色しています。

① ㊨調色機 ㊧攪拌機

左:調色機(dispenser)
右:攪拌機(mixer)

 

実際の調色の様子を写真でご紹介します。

【1】オーダーの“色”と“ツヤ”

①色キメ

色  : 2077-30 “ Hot Lips ”
ツヤ : EGGSHELL / エッグシェル 2~3分つや

 

【2】ベース缶を準備

②ベースの缶に顔料を入れていきます

ベース缶のフタをあけて、調色機にセットします。

 

 【3】顔料を入れる

③調色機で顔料注入

こんな風に調色機でBenjamin Moore の配合通りの顔料を注ぎこみます。

アップで見るとこんな感じです↓

④こんな風に顔料が入っていきます

 

 

【4】まぜる

⑤攪拌機にセットして

顔料が入ったら、缶のフタをして攪拌機にセットします。

この攪拌機に、約5分~6分間かけてしっかり混ぜます。

攪拌が終わると、出来上がります。

 

【5】テスト

⑤確認用にドロウダウン

出来上がったペイントを確認用のカードにつけます。

 

【6】印をつける

⑥缶の蓋に

中身の色が一目でわかるように、缶のフタに印をつけます。

 

【7】色の確認

⑦色の確認→OK

確認用のカードが乾くのを待って、色を確認します。

色が確認できたら、箱詰めしてお客様の元へお送りします。

 

 


 

ペイントなびでご注文いただいたBenjamin Moore のペイントを調色しているのは、大阪市都島区にあるBenjamin Moore Osaka Brand Shop の実店舗の中です。

店舗でご購入いただいたお客様には、目の前で調色してお渡ししています。

写真に写っているような多彩なカラーサンプルや、他にも実際にペイントした壁などをご覧いただけます。

大阪へお越しの際は、ぜひ店舗にもお立ち寄りください。

 

店内写真

ベンジャミンムーア大阪 
〒534‐0014 大阪府大阪市都島区都島北通1‐2‐14
地下鉄谷町線 都島駅5番出口 徒歩1分

定休日:土曜・日曜・祝日

■臨時休業日
 2019年11月28日(木曜日)

※11月29日(金曜日)より通常営業いたします。

 

お問合せ

アクセスMAP 

Online Storeはコチラ

関連記事

ワークプレス9 (2)
ワークプレス勉強会㏌京都ウエダ本社ビル

2017年12月8日(金)株式会社ウエダ様主催の建設業界向け『ワークプレス勉強会 …

tiletoilet
磁器タイル貼りのトイレをどうやってペイントでリノベーションするか?

建材物として良く使われている磁器タイル 台所、トイレ、家の中の色んな所に使われて …

紫色
Purple  色から選ぶベンジャミンムーアのインテリアスタイル

壁の色 2070-50  “ Enchanted ”     …

白色
White  色から選ぶベンジャミンムーアのインテリアスタイル

Benjamin Moore が発表した2016年のトレンドカラー OC-117 …

黄色
Yellow  色から選ぶベンジャミンムーアのインテリアスタイル

壁の淡い黄色 HC-4 “ Hawthorne Yellow ”   …